誰もが憧れる注文住宅!注文住宅の基本・住宅ローン・お役立ち情報を分かりやすく紹介

当サイトは誰もが憧れる注文住宅の基本を解説しています。
住宅ローンのお役立ち情報を分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
また、オーダーメイドの住宅のデメリットにはどんなものがあるかもお伝えしています。
大きな買い物となる住宅購入を納得して行うためにも、ぜひ知っておきたいことばかりです。

誰もが憧れる注文住宅!注文住宅の基本・住宅ローン・お役立ち情報を分かりやすく紹介

自分たちだけのオンリーワンとなる一点物の住宅を手に入れたいけれど、初めてなので分からないことが多いという人は多いのではないでしょうか。
買主の希望に合わせて建てられる注文住宅の知っておきたい情報の1つは、住宅ローンに関してです。
出来るだけローンを抑えたい場合にはローコスト住宅が向きますが、返済期間や残高によっては住宅ローン控除の対象となります。
注文住宅を購入する時にはこれらを意識して、賢く購入するのもおすすめです。

注文住宅とはどんな住宅なのかを見ていこう

近年は家を購入するという場合には、一から全てを決めて建築する注文住宅よりも、すでにある程度の区画が決まっている場所にハウスメーカーが予め建てている家を購入する建売住宅が増えているのが現状です。
しかしもしもさまざまなこだわりを持った方であれば、注文住宅で建築することをおすすめします。
建売住宅の場合は、ハウスメーカーが人気のある間取りを複数建築して、コストを抑えて安価で売り出している家なので、無難な家に仕上がっているのが大半です。
尖った部分があるならば注文住宅にしなければ実現できません。
注文住宅とは言わばこだわりの強い唯一無二の家を建てられるものであると言えるでしょう。
基本的に全てを決めなければなりません。
打ち合わせ回数も増えるので、建築まである程度長い期間必要です。
その分完成した時に喜びは何にも代えがたい気持ちとなります。
注文住宅とは、一言で言うと多くの方々の憧れの存在であり続ける代物ということです。

注文住宅で住宅ローンを利用するときの流れ

注文住宅で住宅ローンを利用するときの流れをご存知でしょうか。
注文住宅ではまず始めに注文住宅購入にかかる全ての予算から決めて行きます。
予算は借入可能額を基準にするのではなく、月々の返済額を基準にするのがポイント。
全体の予算が決まったら、土地を探して購入します。
土地の形状や条件、周辺環境などによって建築条件やプランが変わってくるため、早い段階で土地購入をします。
この段階では購入まで行かなくても、仮決定という形でも構いません。
土地が決定したら建築計画を詳しく決めて行きます。
予算や家族構成、ライフスタイルなどに合わせた家になるよう、担当者と話し合いをします。
具体的な住宅建築の計画が決まると、全体的にかかる予算の見積りを出せるようになるため、見積り金額分の仮審査も行えるように。
銀行の仮審査は相談しているハウスメーカーや不動産会社、工務店の担当者が手続きを行ってくれますが、自身でインターネットを使って申込むことも可能です。
事前審査通過後に施工会社と契約を結び、契約後に銀行が本審査を行います。
本審査を通過したら住宅ローンの契約が行われ、契約後に借りた金額分が口座に振込まれるという流れになります。

注文住宅はまず土地探しから始まる

注文住宅といえば、自分たちの好みやニーズに合わせて、柔軟かつ自由に建物を設計できることで知られます。
とはいえ、いくら理想の建物を実現したとしても、家を建てた土地に問題があれば、快適な暮らしが損なわれてしまいます。
これではせっかく注文住宅にしてもその魅力やメリットが発揮できません。
したがって最初の土地選びから、慎重かつ詳細に検討することが重要です。
まず快適な暮らしの大前提として、安全性の確保は必須の条件。
地盤の硬さや水はけの他、崖や山あるいは河川や海との距離など、地形や地理的な状況をよくチェックすることが求められます。
同時に家の周辺環境についても、前述した安全性に関連するならば、治安状況をはじめ騒音やゴミといった公害面など、警察や自治体のホームページなどで情報を収集して、しっかりチェックしなければなりません。
快適な暮らしの実現では、日常生活の利便性も重要なポイントになります。
家を建てる地域に商業施設が充実していれば、日常生活の買い物もスムーズ。
また学校や病院が充実していると、子育てや健康面でも安心感が増すはずです。

注文住宅にかかる平均的な費用はどれくらい?

注文住宅を建てたいものの、どの程度の費用がかかるのか気になるという方は少なくないでしょう。
注文住宅は予算に合わせて費用を調整できるというメリットがありますが、住宅金融支援機構が実施した「2020年度フラット35融資利用者調査」によると、注文住宅の建築費は全国平均で3,534万円で、住宅面積は124.4平米でした。
地域別でみると、首都圏では3,808万円(123.9平米)、近畿圏では3,746万円(127.4平米)、東海圏では3,606万円(126.5平米)、その他の地域で3,356万円(126.5平米)となっています。
また、土地代を含む場合の平均は全国で4,397万円、住宅面積は111.1平米という結果でした。
地域別では、首都圏で5,162万円(105.8平米)、近畿圏で4,540万円(111.2平米)、東海圏で4,412万円(114.8平米)、その他の地域で3,949万円(113.1平米)となっています。
この調査はフラット35を利用した方のみを対象としているので、実際の平均とは異なる可能性がありますが、予算計画の参考にすることはできるでしょう。

筆者:田部井隆文

筆者プロフィール

佐賀県嬉野市生まれ。
ハウスメーカーに長年勤務した経験を活かし、注文住宅に関する記事を執筆中。
佐賀 注文住宅